自作工具(治具)の製作-12

掃除機としても使っている木工作業用自作集塵機(台車+掃除機+サイクロン)は、各種木工機械にホースを接続して使用しているのですが、その都度、ホースを使用する機械に繋ぎ直す必要があり、面倒でした。 そこで、機器に集塵用配管(塩ビ管)で直結し、バルブで簡単に切り替えられるようにしました。

塩ビパイプの敷設は、あっさり出来ましたが、塩ビ管と各機械の集塵ホースの接続で、異径を収めるのに難儀しました。 さらに、困ったのが・・・


ネットで買ったボールバルブが、片手で回らないほど固い! (×□×;)
 やはり安いだけのことはありました。

 

潤滑剤 ~ シリコンスプレー ~ 磨き砂で研磨したりと、色々試しましたが・・・
 どれも ✕ (;。;) ウゥ…

悩んだ末、ボールバルブ内のシール材を削って、ようやく動きを軽く出来ました。C= (-。- )

 

 

行き先は3つ。 ベルトサンダー・ミニテーブルソー・作業台上
 切り替えは、目論見どおり、バルブで超楽ちんに!

 

ついでにMonotaRO掃除機のスイッチが固く押しづらいので、台車バー上の押しやすい所にスイッチを付け足しました。 これで、押しづらいスイッチを屈まず楽に、スイッチON! (^ー^)v

 

集塵機&掃除機として働きます!
ちなみにこの掃除機は、「モノタロウ 乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー No.67-20」

 

 

実は他にも集塵機があるんです・・・ これ以上、増やしたくなかったもんで  (;^_^A
自作トリマー&ジグソーテーブルに取り付けた「マキタ 小型集塵機 モデル450」

 

バンドソーに設置の「RIKON ドラム型集じん機 63-100 」

 

テーブルソーに設置の「リョービ 集じん機 VC-23」

 

それでも鼻から入る人間集塵機! (´ヘ`ι)

・・・自作工具(治具)の製作-12(改1)へ続く

2018年12月01日