丸ノコ用チップソーの切れ味くらべ

マキタの電気丸ノコ(190mm)の切れ味が悪いように感じたので、Webで評判の良かったチップソーを購入し、切れ味を比較しました。

左:SK11 くろプラス(木工チップソー) 190mm 72P(2,049円+送料)
右:いつ取り替えたのか覚えの無いマキタ純正ではないチップソー

 

判定:左 SK11 くろプラスの勝ち! 一目瞭然で切れ味抜群で、切断面も美しい。
   右 今まで使っていた刃は、やはり荒く、バリも出ている

 

上:今まで使っていた刃 → 刃厚(1.3mm)と板厚が接近しており、木屑がこびり付いている。
下:K11 くろプラス → 刃厚(1.5mm)と板厚の段差は上よりはあるが、切れ味が持続するかは?

 

さらに、マキタ純正 鮫肌チップソー(新品)との比較

 

左:マキタ純正 鮫肌チップソー(新品)   右:SK11 くろプラス 
   これも SK11 くろプラスの勝利!

 

ついでに・・・ 
テーブルソーの切れ味も落ちてきたので、
比較的頻度が多い縦挽き作業を重視し、縦挽き用チップソー(5,532円+送料)を購入し取り替えたところ、何と言うことでしょう!w(゜o゜)w チップソーのガタツキは無くなり、軽くサクッと切れるようになったではありませんか! 
・・・もっと早く気付けば良かった~ (´ヘ`ι)ゞ

 

2018年10月19日