自作工具(治具)の製作-17(改7)

前回【自作工具(治具)の製作-17(改6)】で、コンパネ原板(1800✕900)をテーブルソーで切るには、横幅サイズが足りないので、脱着式の補助テーブルを付ける予定としていましたが、脱着式にすると、補助テーブルを仕舞う場所を確保する必要があり、折りたたみ式にすると、テーブルの下には自作工具等の機材が取り出せない・・・ ウ-ン (・、・)…

悩んだ末、テーブルソー脇にスライドする細い補助テーブルを組み付けることにしました。

 

まず、スライドに使用するパイプを2本用意します。

 

パイプをスライドさせるガイドを作ります。

 

木材にパイプと同径サイズの穴を開けます。

 

ハンドドリルで開けたので、斜めに・・・ (´ヘ`ι)ゞ

 

テーブルソーで、パイプと平行になるようカットします。

 

 

自作テーブルソーの手前側は、設置場所に穴を開ける必要があり、何とか貫通!

 

パイプにガイドを通して、テーブルソーに固定

 

奥側も同様に固定。

 

スライドさせる細いテーブルを製作します。

 

コンパネを細身にカットしたものをT字に組み合わせます。

 

スライドさせるパイプに組み付けるテーブル支持具を作ります。

 

テーブル支持具をパイプに通し、

 

細いテーブルを支持具にセットし、自作テーブルソーの盤面と面合わせし、ビスで固定。
支持具とパイプもビスで固定して完成!

 

これで、幅広の板もカットし易くなりました。(^―^)y


・・・自作工具(治具)の製作-17(改8)へ続く

2020年03月05日