自作工具(治具)の製作-2

前回から間を開けず、自作工具(治具)の製作 第二弾!

◎トリマー用 溝掘り補助具の製作

アクリルと木材で作製し、接続は、鬼目ナットとノブボルトで可動できるようにしています。

 

トリマーに付属のストレートガイド(片掛け)では、手押し動作が不安定でしたが、これは、部材を挟むので、非常に安定します。

 

 

◎トリマー用 溝削り補助具-2

直線の溝や平面の彫り込みに使用します。XY軸双方にサイズ変更出来ます。

 

 

透明アクリル板の上に乗せており、対象物の切削位置目印を合わせられ、誤ってはみ出して削り過ぎることも無いので、操作性が向上しました。

 

◎テーブルソーの天板拡張

既製品のDIY用テーブルソーは、天板が小さく、長尺物を扱うには不安定でしたので、天板を左横方向に伸ばしました。作業場通路が塞がってしまうので、折りたたみ式にしました。

 

 

◎長尺物横切り用フェンスの製作

採寸と切断を同時できるようメジャーを設置しました。


拡張した天板にアルミレール(凹)を取り付け。

 

フェンス側のレール(凸)


ストッパーは、鬼目ナットとノブボルトで鉄片を押さえつける構造としました。

 

◎スライド丸ノコ用 廃材ストッカーの製作

切断時に出る廃材が手元にたまって邪魔になるので、丸ノコ台の下にコンテナボックスを置き、台の手前にエプロン(滑り台)を付け、最小動作で廃材が片付けられるようにしました。


右側に、スライド丸ノコとテーブルソーで使用するツールをまとめて置ける棚を設置しました。


2018年02月08日