作業場に中二階のオマケの手直し

2019年09月29日 作業場に中二階のオマケで、アルミ梯子から階段に変更したのですが、この階段が急勾配で、上り下りがしにくく、特に下りるとき、足の裏が踏み板に半分くらいしか掛からないので、危ないことこの上ないんです。┓(´ヘ`;)┏
先日、TV番組「ビフォーアフター」で、2階へ上がる急勾配の階段を、匠が安全にする技をやっていたので、うちも、まんまコピーさせて頂きました。

 

踏み板の前後幅を増やしても、上りでは、上げる足のつま先が引っ掛かり、下りでは、何の変化もありません。 そこで、交互に片側の踏み板を前後幅を前に伸ばし、上りでも下りでも足の裏の接地面積が増える対策を施しました。

 

上りでは、スネや膝が踏み板に当たることが無くなりました。

 

下りでは、ずり落ち恐さに、踵やふくらはぎを、踏み板に擦っていましたが、それも軽減されました。

 

但し、踏み間違いは、転落間違いなし!・・・ なので、色を塗りました。

2020年11月22日