樹木伐採のお仕事

お客様より、「敷地境界の植木を撤去して欲しい」とのご依頼。
今までやったことがない多めの本数でしたが、見た目で、予算をXXXXX円くらいと、軽く言ってしまい・・・ あぁぁぁ、またやってしまった~ 

1日仕事のところが、1.5日かかり、更に廃棄処分費用も出ず・・・~(꒪꒳꒪;)~

 

結構、背が高い木だったので、根元から一気に切り倒すことが出来ず、脚立に乗り、チェーンソーで、半分くらいのところをカット。これが一人だと、危険極まりないが、やるっきゃない!

 

途中、スズメバチの巣が出てきたときは、ギクッ(°◇°;) としましたが、抜け殻だったので、事なきを得ました。
これが抜け殻でなかったら、脚立に跨がり、チェーンソー持ってたら、刺され放題・・・
苦い経験が蘇る~ 小学生の頃、公民館の藤棚によじ登り遊んだいたら、蜂の巣・・・刺され放題。

 

何だかんだで、軽トラ5杯分の樹木となりました。

 

樹木を伐採するのは、それほど手間は掛からなかったのですが、この枝葉の処理が、すっごい手間なんですわ! 処理施設の規則として、幹は5センチ未満で、長さは60センチ未満があるんですよ~ チョキチョキやるしかない!
さらに、隣のおっさんが、「幹なら暖炉に使うし、もろたるで~」の声がけに、粗大ゴミの処理の手間が省けるし~と、ホイホイ乗ってしまったが、「40センチくらいに切っといて~」のこれが「手間✕2乗」となってしまい、墓穴を掘ってしまった。(×□×;)


樹木伐採のお仕事、大変良い教訓となりました。 (´・ω・`;)

2020年10月15日