自作工具(治具)の製作-40(改1)

ディスクグラインダースタンドの改良

金属を切断するのに、切断面が焼けずにきれいに切れるチップソーを使用したいのですが、現状では、ディスクグラインダーとスライドテーブルの両方を手持ちで操作することになり、チップソーが上下に不安定であり、操作に危険を伴います。 そこで、ディスクグラインダーを固定できるように改造しました。

AFTER

 

蝶ねじを緩めれば、フリーになり、普段通りに使えます。

 

 

今回、チップソーは2個購入しました。
山真製鋸 YSD100MM [メタルマスター鉄工用]  2,370 円(右)
山真製鋸 スーパーオールマイティチップソー SPT-YSD-100SOX  3,179 円(左)

取り付け穴径が、20mmで合わないので、15mm変換アダプター(以下)を購入
SK-11 修正ブッシュ ダイヤ用 197 円

 

チップソーの切れ味比べ!

 

2mm厚のアルミ板では、右のスーパーオールマイティチップソーがきれいに切れました。

 

鉄とステンレスも比べる必要がありますが・・・
「スーパーオールマイティチップソー」をアルミ専用として大切に使っていきます。
経験上、粘りけのあるアルミ素材を切るチップソーは、厚みを薄くして作ってあるので、鉄やステンレス鋼で使うと耐久性面で寿命が早まるので、「メタルマスター鉄工用」をアルミ以外の金属用として分別して使っていきます。

2020年08月20日