自作工具(治具)の製作-51

木製ノブ作成治具を作りました。
 YouTubeの動画を参考に作ったのですが・・・

 

どうも、3等分・5等分の割り付けが、中央のボルトの芯ズレが原因でしょうか、以下のように歪になってしまいました。

 

ボルトの芯ズレを直すことは不可能、でも、一から作り直すのは面倒なので、分度器を使用して紙に書いた割り付けの下書きにボルトを通して、3等分・5等分を割り付け直しました。

 

縦横160㎜・厚25㎜の板を2枚を使い、2枚を貼り合わせた状態で、センターに6㎜の穴を貫通します。次に板をバラして、表の板に、中央に50㎜の穴と28㎜の穴を以下のように開けます。

 

再度、2枚の板を貼り合わせ、裏から中央に鬼目ナットを挿入し、ボルトを挿入します

 

ノブとなる素材を作ります。 まず6㎜の穴を貫通します。

 

50㎜のホールソーで、行けるところまで切り込みます。

 

裏返して貫通させます

 

くり抜いた方が、ノブの材料となります

 

周囲のバリをサンダーできれいにします。

 

 

木製ノブ作成治具をボール盤にセットします。
削る前にドリルボアビットを穴に合わせてから、木製ノブ製造器を固定します。
ノブ素材をセットし、ノブ素材側に等分の目印を書き入れます。

 

3等分・5等分の目印に合わせて、削っていきます。

 

 

削ったノブ素材に鬼目ナットの下穴を開けます。

 

左:ノブボルト、 右:ノブナット  M6【6㎜規格】

 

サンダーで角を落としてから、組み付けます。

 


2020年04月25日