ルーターテーブル 買いました

ルーターテーブル作るの止めて買いました。 (;^_^A
ルーターテーブルの自作は、敷居が高く手間がかかるのもありますが、昇降(リフター)機能が欲しかったのと、ビット交換が天板部分から可能にしたかったので、かなりの強度と精度が必要とされました。 木製の自作では、自信が持てないので、既製品を購入することに・・・

購入したルーターテーブルは、株式会社 ピーツールズ
【処分特価1台限り】STaXTOOL ベンチトップルーターテーブル ”Carla”  71,016円
 ※ ルーターは、付属していません。

作業台と天板を合わせるのにゲタ台を作っています。

 

スイッチの位置が低かったので、天板の直ぐ下に付け直しました。
ルーター本体を覆うダスト吸引用の布袋があったのですが、ルーターのシャフトロックが天板下にあり、手を入れる必要があったのと、ルーターの冷却機構が、底部から吸って回転軸付近で排気しているようで、木屑によって冷却効果が低下し、機械寿命を縮める可能性が大きいと思うこともあり、取り付けませんでした。

 

ルーターテーブルに使う工具も、使い勝手に工夫しています。

 

右:自作マイターゲージ
左:自作アタッチメントパーツBOX

 

インサートリングプレートは、6種で、内3種は加工し追加しています。

 

マイターゲージの使用例

 

バキュームは、セントラルバキュームにつなぎ、
電源は、使うときにコンセントタップに差すだけにし、電源常時接続はしませんでした。

 

 

昇降(リフター)機構のサポートシャフトは2本ありますが、昇降ネジボルトは片側だけにしかないので、ビットの天板面に対する垂直精度が心配でしたが、しっかり垂直は出ていました。

 

ルータービットの交換手順

① インサートリングプレートのロックを解除

 

② インサートリングプレートを自作かぎ爪で取り外す

 

③ 自作シャフトロック治具を天板面から差し入れる

 

④ シャフトを回転させ、ロックピンがシャフトの穴に入ったら、治具に付属のボルトを外す

 

⑤ 外したボルトを天板のスターティングピン用ねじ穴に取り付け、自作シャフトロック治具を押さえ付け、固定する

 

⑥ ビット固定用ナットを テーブルトップレンチで緩める

 

⑦ ビットを外す

 

自作シャフトロック治具をセットした様子

 

シャフトロックボタン

 

自作シャフトロック治具が、シャフトロックボタンを押さえている様子

 

⑧ 交換するビットをセットし、テーブルトップレンチで締め付ける
 この時、両手が使えるので、ビットのセットが楽ちんです。

 

⑨ インサートリングプレートを嵌め、ルーター昇降用ツールでビットの高さを調節する

 

⑩ ルーターを固定する(ルーター昇降用穴の手前の穴)

 

Let's try!


後日、このルーターテーブルに不具合発生しています。(以下のブログ参照)
 素性が分からないメーカー品は・・・

ルーターテーブルのビット取付け

2020年04月09日