卓上丸ノコの改良

日立工機 卓上丸のこ FC10FAは、太めの木もズバッと切れるので重宝しています。しかし、良く切れ、よく使うがゆえに、切削屑を貯めておくダストバッグが直ぐにいっぱいになるのが難点。
そこで、ダストバッグのファスナーを開けっ放しにして、床へ落として使っていましたが、やはり飛散が著しく、自動カンナの改良に続いて、こちらも衣装ケースの出番となりました。

こちらは、衣装ケースの蓋を取った状態で本体のみで使用しました。

 

足4本と、飛散防止用背板を付け、卓上丸ノコの背後に設置。

 

集塵効率は、100%とは行きませんが、8~9割方は、ケースに入ります。
それだけでも、清掃の負担軽減には充分です。


2019年05月21日