テーブルソーの修理に挑戦!

自作工具(治具)の製作-17で、既存テーブルソーの不調を、修理にはスキルが足りないと二の足を踏んでいたのですが、ベアリング交換だけなら出来る可能性はあるので、ダメもとでやることにしました。

まず、天板を外して、チップソーを取り外します。
次にチップソーが取り付いていたギヤボックスを外します。

 

このパーツから、ベアリングを取り外して交換します。

 

構造が分からない状況で、且つ、専用工具も無い状態。試行錯誤しながら、何とか分解に成功しました。 グリスに埋もれたスナップリングが長い時間分からず、プラスチックハンマーで叩きまくってしまい、あわや破壊してしまうところでした。 (-。-;)

 

ホームセンターで、同型のベアリングとグリス(ペースト状の潤滑油)を購入。

 

ベアリングを交換し、スナップリング(C型止め輪)をはめます。

 

グリスをたっぷりと塗布し、

 

ギヤをはめ、

 

こちらもスナップリング(C型止め輪)で抜け止めします。
これでベアリング交換は完了です。

 

ベアリング交換したパーツを本体へ戻しますが、その前に本体側の古いグリスを除去し、新しいグリスを塗布します。

 

ボルトを締めると余分なグリスが周囲にあふれ出ました。

 

ボルトをしっかり締め、グリスを拭き取って、本体への組み付け完了。

 

最後に、チップソーのカバーを元に戻すのに・・・ 専用道具が無いので、知恵を絞るにも手が足りません!

 

四苦八苦しがらも、何とか復旧完了しました。

 

結果発表!! ・・・ダメでした。というか、さらに音が大きくなってしまった(;。;)
 今回外したパーツではなく、さらにモーター側のギヤかベアリングのようです。
 お手上げです。(´ヘ`ι)ゞ
 やはり、壊れるまで使うしかありません。

2019年01月23日