自作工具(治具)の製作-22

トリマーを使い、平面に広い掘りを入れるとき、トリマーのベースの幅が足りず、苦慮することがよくあったので、大きいベースを作ることにしました。

まず、透明アクリル板を用意します。 ベース用は8mm厚。フェンス用は10mm厚。

 

オリジナルのベースをアクリルで取り囲んで採寸。

 

カットします。

 

アクリル接着剤で、取り囲んだアクリルを接着固定。

 

 

ホールソーで穴を開けます。

 

ビスを取り付けて、トリマーがを固定出来るようにしました。

 

集塵アダプター付きタイプも取り付けられるよう固定用ネジ穴を加工。

 

長手方向は、約25cmなので、幅12cmくらいまでの面掘りが出来そうです。

2019年01月17日