自作工具(治具)の製作-70

刃研ぎ角度調整治具の製作

砥石でノミなどを研ぎ直す場合、刃先の研ぎ角を出来る限り30°に近付けるための角度調整は、殆どやっておらず、現状の角度に合わせて研いでいました。 ノミの刃先を調べてみると、案の定、25° ~ 35° とバラバラでした。 特に刃こぼれで研ぎ直す場合は、角度調整は重要なので、研ぎ角 30° で研げるよう、刃研ぎ角度調整治具を製作することにしました。

まず、30°に斜め切りした板を作るため、60°にカットした角材に板をビスで固定します

 

垂直に切断すると、板は、30°に切れます

 

刃物研ぎ器に30°に斜め切りした板を、研ぎ面にピッタリ張り付く状態でセットします

 

 

30°を維持した状態で、刃物研ぎ器の前部のすき間に入る凹形に切った板を作ります

 

左右で、すき間が・・・ (´ヘ`ι)ゞ

 

 

 

忘れないよう、セット手順を治具に書き込みました

 

研ぎ出しは30°でも、元の刃先角が大きくズレている場合は、研ぎ進めると角度が変わってくるため、何度か、セットし直す必要はありますね。

 

当初は、このような木片を使って合わせようとしていましたが、
  あまりにも、手抜き治具だわ  (-_-;)lll

 

シンクの戸棚に収まりました

 

2021年02月15日